たけのこの旬はいつ?

竹かんむりに「旬」と書いて「筍」。

タケノコは字があらわすように、旬を頂く食材です。

しかし、タケノコの旬は非常に短く、

地下茎に芽が出て、地表に顔を出してからたった10日間ほどしか無いと言われています。

その後は一人前の竹になっていきます。

たけのこ種類と旬

タケノコの旬は一般的には4~5月くらいと言われています。

ただし、タケノコの種類によりかなり旬に幅がありますので、食べたい種類の旬をチェックしておきましょう。

孟宗竹(モウソウチク)

日本でもっとも出回るモウソウチクです。私どもが取り扱う「乙訓タケノコ」もモウソウチクです。

旬は3月中旬~5月中旬になり、代表的なタケノコの種類のなかで最も早く旬が訪れます。

淡竹(ハチク)

細身のタケノコです。4月中旬~5月いっぱいくらいが旬になります。

真竹(マダケ)

こちらも細身のタケノコです。5月~6月中旬あたりが旬です。

根曲がり竹

東北や北海道で採れるタケノコです。

5月中旬~6月いっぱいが旬になります。

寒山竹(カンザンチク)

大名竹と呼ばれる質の高いタケノコで、西日本で採れる種類です。

旬はかなり遅く7月~8月中旬あたりになります。

まとめ

最近では、缶詰や水煮などで季節感は失われつつありますが、春の香りを含んだあの風味は旬でしか味わえません。

是非、季節を意識して、旬のおいしさを堪能してください!

たけのこのWEBショップ

朝採れのたけのこを販売致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA